3周年にあたって


西荻窪で店を構えて3年を迎えることができました。5坪程度の小さな書店ではありますが、この店を継続できているのは、本当に皆さまのおかげです。あらためて、御礼申し上げます。

古書、新刊合わせての書籍販売の売上はおかげさまで年々増加しておりますが、課題は山積しています。まだやるべきことの半分もできておらず、古書、新刊ともにいっそうの書籍の充実を図ること、ならびに読書会やイベント、展示などの定期的な活動を行うこと、その実践を当店なりに今後も模索していきたいと思います。
 

 
私ごとですが、この春先にこんなことははじめてかも、というくらいの体調不良を経験しました。長いお休みをいただくなど、お客さまや版元さまにもたいへんご不便をおかけしたことをお詫びいたします。
どのような仕事であっても、身体あっての仕事であることを今回の経験によって強く実感しましたが、今後について考えるよいきっかけともなりました。ちなみに、いまは元気(というか普通)に戻ったことも、合わせまして......。

オープン当初、南陀楼綾繁さんに言われたことを思い出します。店については、コンセプトは緩いくらいのほうがいいかもね、そんな旨のことだったと記憶しています。当店のような個人店にとっては、それはむしろ肩肘の張っているであろう自分なりの「やり方」に、とてもよい平衡感覚「のようなもの」を伝えていただいたもの、と理解しています。

本屋の役割が何であるかについて、色々なことを考えるわけですが、私自身は、実のところよくわかっていません。販売が主たる業務であることは当たり前のこととして、本屋、書店の役割は、その街のためなのか、大げさに言って文化のためなのか......。

いずれにせよ、迷いながらですがとにかく続けていく、ということを開店3年という節目に当たり記してみました。お客さまからの要望、また社会のありようにも目を向けつつ、ひとつひとつ仕事をしていきたいと考えています。

どうぞ今後とも、忘日舎をよろしくお願い申し上げます。